have の動詞フレーズ

【解説】

haveの本質的意味は「付帯状況」を表す。haveは常に名詞を伴うが、この名詞は目的語と言い、「〜を有する」の意味となる。
haveが「付帯状況」を表すことによって、beの「存在」、doの「行動・欲求」の三つの基本動詞が英語世界の根底を支えている。

英語の3つの基本動詞(Basic Verbs)
  be 「存在」
  have 「付帯状況」
  do 「行動・欲求」

特にhaveの主語は人間に限らず、人間以外の生物はもちろん、無生物も主語になりうることが多いということに特色がある。

A year has 365 days.
1年は365日あります
This house has no drain.
この家は下水が通っていません

■ have+名詞のパターンについて

haveを「持っている」と覚えておられる方は多いと思うが、これではhaveを使いこなせない。例えば目的語が「本」や「お金」であれば、「持っている」ということになるが、「赤ちゃん」なら、「ある」「産む」となったり、「事故」なら「遭う」、「風邪」なら「ひく」ということになる。
私は、haveの意味を「有する」としているのは、「赤ちゃん」「事故」「風邪」も「有する」とおおまかにらえることができると思うからだ。
いずれにしても具体的な動詞フレーズを見ていただいて自分なりのイメージ作っていただきたい。

haveには進行形にならないものと、なるものがあることに注意

haveには「〜を持っている」「〜がある」と所有など持続性のある状態を表す場合と、「飲食する」「経験する」「受ける」「被る」といった一回の行為や経験を表す場合とがある。前者は進行形にはならず、後者は進行形となることに注意してほしい。

Her finger has a ring on it.
彼女の指には指輪がはめられています
She is having a good time.
彼女は楽しく過ごしています

<have+a+行為の名詞>の形

その行為を表す一つの動詞のような働きをする場合も進行形になる。

have a drink 飲む
have a look 見る
have a wash 洗う
have a talk 話す
have a rest 休憩する

She is having a swim.
彼女は泳いでいます

以上のような表現は英語らしい表現と言え、私達ネイティブでないものも動詞変化を覚えなくてもいいといったことや、副詞ではなく形容詞で表現できるので使えるようになりたい。

(1) She talked long. このlongは副詞です
(2) She had a long talk. このlongは形容詞です

haveとmakeの対比

makeは「ないものを作り上げる、生ぜしめる」など、こちらから積極的に仕掛ける動作を表し、haveは逆に受動的に「被る」「経験する」の意味合いが濃いと言える。

make a dress ドレスを作る
make a profit もうける
have a dress ドレスを持っている、ドレスができあがる
have a loss 損をする