come の動詞フレーズ

【解説】

comeはgoの反意語で、向こうにあるものが、こちらへ動いてくること。この語の意味をこのように広く理解しておくと、私たちの周囲には、この語で言い表すことのできる事実がずいぶん多いことに気がつく。
例えば、次の例を見てください。

They came into the house.
彼らは家に入ってきた
A foolish idea came into my mind.
馬鹿な考えが私の心に浮かびました

A foolish idea came into my mind.は、比喩(ひゆ)的な表現だ。

このような比喩的転用として、「認識の対象になる」ことを意味する。比喩とは「ものなぞり」のことだ。

come into view 見えてくる
come to one's ears 聞こえてくる
come to one's attention 気がつくことになる

以上のことは、goが逆の意味で使われるのと対照的な意味となる。

go out of view 見えなくなる
go out of existence いなくなる

最後に、注意していただきたいのは、「認識の対象になる」ということだから、話し相手のところに向かうという意味の時は、comeを使いこれは日本語訳では「行く」ということになる。

I will come to your house tomorrow.
私、明日あなたの家に行きます、伺います。