英語を自由に話すためのファンクションメソッド5コマ発想法
●5つの動詞フレーズの使い方(be動詞編)

最初に確認していただきたいのは、フレーズとは「意味ある単位」のことであり、動詞フレーズとは動詞が他のことばと結びついて意味ある単位ということになる。この点において「単なる動詞の変化」ではないことに注意してください。
(1) 原形動詞フレーズを使って (to) be quiet

まず、原形動詞フレーズとは、「動詞の原形で始まるフレーズ」だ。この場合、他の4つの動詞フレーズと同様、「単なる動詞の変化」ではないことに注意してください。

Be quite!「静かにしなさい!」と誰かに言われたら、その意味がわかっているたいていの人はだまる。この場合、be quietのbeは「存在」を表し、それがどんな存在かということで、状態を表す形容詞quietが伴っているからだ。
だから、「静かな存在であれ」という意味となり、そんな「ひとまとまりの状態」を相手に求められたことになる。この場合、be quietは命令形として使われている。

Be quiet!
静かにしなさい!

一方、次のように相手に求められた場合はどうでしょうか。

You should be quiet.
あなたは〜であるべきだ 静かなこと
あなたは静かにすべきです

この場合も、言われた人は現実に「静かな存在」ではないからだ。だから相手は「静かな存在であれ」と言ったということだ。

以上、beという動詞の原形で始まるフレーズを、原形動詞フレーズと言い、これを使う場合は、現在そうであるとか、過去にそうであったということではなく、抽象的な、あるいは「絵に描かれたような」状態を表す。

「絵に描かれたような」状態という説明は、わかりにくいと思うが、例えば、a catと言えば、ネコを思い浮かべ、あるいはa dogはイヌを思い浮かべる。これと同じようにbe quietと言えば、「静かな状態」を、あるいはbe noisyでは「騒がしい状態」を思い浮かべるということを示す。

この原形動詞フレーズは、*情緒動詞や*toが動詞フレーズが導く場合などに使われる。

また、ここで注意していただきたいのは、情緒動詞のwillとshallだ。これらを使う場合を未来形と言われるが、「未来」の意味を表すと言っても、他の情緒動詞も、あるいは「到達点」を表すto+原形動詞フレーズ(不定詞のこと)も、ある意味で「未来の意味」を含んでいるとも言える。例えば、このことは「〜するべきだ」「〜するかもしれない」「〜しなきゃ」といった意味からも理解していただけると思う。

*情緒動詞とは、will, would, shall, should, may, might, must, can, couldなど教育文法でいうところに助動詞のこと。
*また「toが動詞フレーズを導く場合」というのは、教育文法でいうtoが不定詞を導くという場合のこと。

You have to
be quiet.
あなたは〜有する (これから)静かなこと
あなたは静かなしなきゃ

*toは「到達」を意味する方位語(前置詞)だ。

(2) ing形動詞フレーズフレーズを使って being quiet

be動詞の〜ing形はbeingだ。このbeingで始まるフレーズを〜ing形動詞フレーズと言い、この場合の意味は、「〜しながらの存在」や「〜しながらのこと」といった継続的な状態を表す。
またこれがbe動詞と結びつき、この「〜しながらの存在」との意味になる場合、進行形と言い、文の時制は前のbe動詞の時制によって決定される。
ただし、すべての形容詞のフレーズが進行形になることはないことに注意してください。

(現在進行形)
I am
being quiet.
私は〜存在する  静かな状態をしながら
私はちゃんと(今)静かにしていますよ

(過去進行形)
I was
being quiet.
私は〜存在した  静かな状態をしながら
私はちゃんと(その時)静かにしていましたよ

一方、「〜しながらのこと」と訳す場合は、名詞的な意味となり、下の例文のように動詞の目的語になったり、前置詞の目的語(フレーズ)として使われる。

I hate being quite.
私は嫌いだ  静かな状態をしながらのことを
私は静かにするのはいやだ

I am sorry for
being noisy.
私はすまなく思う  騒がしい状態をしながらのことを
騒がしくしていてごめんなさい

(3) ed形動詞フレーズフレーズを使って been quiet

be動詞の〜ed形はbeenだ。このbeenで始まるフレーズを〜ed形動詞フレーズと言い、この場合の意味は、「〜な状態で存在したこと」といった過去の状態を表す。
この場合have,hasを使ったものを現在完了形、hadを使ったものを過去完了形、will haveを使ったものを未来完了形と言う。この場合、haveは「有する」、haveは「有した」という意味で、それぞれの時制において、「過去のこと」を「有する」「有した」という意味となる。

(現在完了形)
I have
been quiet.
私は〜有する 静かであったことを
私はずっと静かにしています

He[She] has
been quiet.
彼[女]は〜有する 静かであったことを
彼[女]はずっと静かにしています
*(過去において)「静だったことを(現在において)有する」という意味。

(過去完了形)
I had
been quiet.
私は〜有した 静かであったことを
私は(あの時)ずっと静かにしていました

He[She] had
been quiet.
彼[女]は〜有した 静かであったことを
彼[女]は(あの時)ずっと静かにしていました
(過去において)「静かだったことを(過去において)有した」という意味。
この場合の過去を「大過去」という人もいる。

(未来完了形)
I will have
been quiet.
私は〜有するつもりだ 静かであったことを
私はずっと静かにしているつもりです

He[She] will have
been quiet.
彼[女]は〜有するだろう 静かであったことを
彼[女]はずっと静かにしているでしょう

(4) 現在形動詞フレーズフレーズを使って am[are,is] quiet

動詞の現在形で始まるフレーズを現在形動詞フレーズ言い、be動詞、am,are,isを使う。
この場合の意味は、現在の事実や習慣を表す。

I am always quiet.
私は〜存在する (いつも)静かな状態で
私はいつも静かにしています

You are always quiet.
あなたは〜存在する (いつも)静かな状態で
あなたはいつも静かにしていますね

He[She]is always quiet.
彼[女]は〜存在する (いつも)静かな状態で
彼[女]はいつも静かにしていますね

(5) 過去形動詞フレーズフレーズを使って was[were] quiet

動詞の過去形で始まるフレーズを過去形動詞フレーズ言い、be動詞ではwas, wereを使う。
この場合の意味は、過去の一時点の事実や習慣を表すことになる。

I was quiet.
私は〜存在した  静かな状態で
私は静かにしていました

He[She] was
quiet.
彼[女]は〜存在した 静かな状態で
彼[女]は静かにしていました

以上、(4)と(5)は、be動詞がそのまま現在形や過去形を表すので、時制を表す動詞フレーズであり。一方、先に登場した(1)〜(3)の動詞フレーズは直接「時制」を表しません。

(時制を表す動詞フレーズ)

現在形動詞フレーズ (am, are, isに導かれるフレーズ)
過去形動詞フレーズ (was, wereに導かれるフレーズ)

(時制を表わさない動詞フレーズ)

原形動詞フレーズ (動詞の原形に導かれるフレーズ)
ing形動詞フレーズ (動詞のing形に導かれるフレーズ)
ed形動詞フレーズ (動詞のed形に導かれるフレーズ)