●誰も教えなかった英会話学習法

●口語表現に人間のことばとしての英語の生の姿が!

ネイティブの生の会話には、以下のような省略表現が使われる。もちろんこのような表現を英語を母国語としない私たちがそのまねをすることは問題だが、ここに私たちが学校で学んだことがない英語の生きた姿がある。
まず、( )内の語を省略して表現していただきたい。もちろんすべて上げ調子で表現することは言うまでもない。

(Do you) take a shower every day?
毎日、シャワーを浴びるの?
(Did you) take a shower yesterday?
昨日、シャワーを浴びたの?
Take a shower.*命令口調
シャワーを浴びなさい
Will you take a shower?
(これから)シャワーを浴びますか?
(Do you) want to take a shower?
(これから)シャワーを浴びたいの?
(Are you) taking a shower now?
今シャワーを浴びてるの?
(Have you) taken a shower yet?
もうシャワーを浴びたの?

あるいは、口語では、学校英語では決して登場しない次のような表現もあることを知ってほしい。いずれも相手に問う表現なので、上げ調子であることは言うまでもない。

(You) take a shower every day?
(You) took a shower yesterday?
(You) want to take a shower?
(You are) taking a shower now?
(You have) taken a shower yet?

●ネイティブの子供には、「シャワーを浴びる」という情景が頭に浮かぶ

ここには、take a showerという動詞フレーズが、taking a shower, taken a showerなどと動詞の形を変えてはいるが、少なくともネイティブの子供にとっては、基本的には「シャワーを浴びる」という行為や状態を頭に思い浮かべることができるということだ。
残念ながら、私たちはこんな動詞フレーズそのものだけで、十分その意図を通じさせてしまう英語の生の姿を教えてもらうことはなかった。
YouやDo you、あるいはDid youが省略されていても、それが対話者間であれば、それが自分のことであったり、every dayという語句で現在の事実・習慣、あるいはyesterdayという語句で過去の事実を問われているということを認識できる。

●私たちの英語学習に根本的に欠けていたこと

私たちが受けた英語教育では、「文法がわからないと英語は話せない」と言われ続けてきた。しかし文法という観点とはまったく別の英語の姿がここにある。これが文法ではない、ネイティブが自然に身につけている英語の発想なのだ。
今までに登場した英文にもう一度確認してほしい。これらの文には黒文字部分と青文字部分とに区分されている。彼らは、この組み合わせを使って英語を操っているのだ。

あるいは、以下にあげた英文は単にDoをDon't、DidをDidn't、WillをWon'tなどに変化させただけだ。英語の発想を身につけるといとも簡単に場面に応じた表現ができるということを確認していただけると思う。

Don't you take a shower every day?
毎日、シャワーを浴びないの?
Didn't you take a shower yesterday?
昨日、シャワーを浴びなかったの?
Won't you take a shower?
(これから)シャワーを浴びないの?
Don't you want to take a shower?
(これから)シャワーを浴びたくないの?
Aren't you taking a shower now?
今シャワーを浴びてないの?
Haven't you taken a shower yet?
まだシャワーを浴びてないの?

黒文字部分と青文字部分は、共にフレーズ(意味ある単位)だ。意味ある単位であるから、独立した意味があるし、独立した働きをする。加えて、意味ある単位だからこそ私たちもそれを覚えることができる。英会話学習は学習を進めていく段階で、これらのフレーズを別々に確実に定着、蓄積していくものでなくてはならない

これら主体と意志や欲求などを表すフレーズを私はファンクションフレーズと名づけている。