誰も教えなかった「よく働く動詞」の使い方

●動詞はフレーズとして覚えなければ役に立たない

ネイティブの子供たちにとって日常生活の中で蓄えていくのは一つ一つの単語ではなく、動詞を含めたフレーズだ。実際、バイリンガルの友人に聞くと、彼は動詞を聞けば次にどういう名詞が続くのか予想できると、と言う。つまり彼らの感覚では、動詞とそれに続く目的語や補語が一体化しているということだ。
ところが、私たちと言えば、単語は独立して覚える習慣が身についている。「買う」はbuy、「食べる」はeatとといった具合だ。
ところが、私たち日本人にとって単に動詞を単体ではなく、動詞フレーズとして丸暗記する必要はネイティブより増して大きい。

●日本語の発想から抜け出すために

まず、一つに語順の問題がある。
英語を何年も学んだものが、何かを「ゲットする」「メークする」「オープンする」、「ギブアップする」「テークアウトする」と表現したり、何かが「ブレークする」などと表現したりしている。テレビなどでこのような表現を耳にすると、私は日本の英語教育とは何なのかと疑ってしまう。
実は、このようなことが起こるのは、日本語の発想では目的語や補語をまず訳し、動詞に帰るといういわゆる「後戻り訳」をしなければならないことにある。しかしこれは英語の単語を日本語の発想で使っているのに過ぎなく、英語の発想とは無縁なものだ。「何かをゲットする」は日本語の発想に過ぎなく、英語の発想ではget somethingやget someoneなのだ。ただこれだけのことで、英語の発想に身を置くことになる。

(日本語の発想) (英語の発想)
若い女性をgetする get a young girl
よくなる get better

●日本語の発想で立ち向かうべきではない

もう一つの問題は、日本語は動詞表現が豊かな言語だということだ。
当たり前のことだが日本語と英語はまったく異なる言語。多くの人は、日本語の発想から英語をとらえようとしている。これがいかに英語学習を妨げているかほとんどの人は気づいていない。
例えば、以下の日本語と英文を比べていただきたい。前段の動詞フレーズの意味は、「する」が共通しているが、動詞はまるで異なっている。

買い物をする do the shopping
デートをする have a date
決定する make a decision
やけどをする get a burn

一方、下にあげものはすべて動詞のgetが使われているが、その意味は「折る」「殴られる」「ひく」「稼ぐ」などとなっている。

腕を折る get a broken arm
殴られる get a blow
風邪をひく get a cold
大金を稼ぐ get a lot of money

多くの人は、日本語の発想から、様々な表現における「する」にはどんな動詞を使うか、あるいは「腕を折る」「殴られる」「風邪をひく」「大金を稼ぐ」など、「折る」「殴られる」「する」「ひく」に当たる英語の動詞は何かと考え込むことが多いと思う。
これが英語で表現する場合に手かせ足かせとなっている。
ところが、英語の発想に基づいて、それぞれの動詞の守備範囲や応用範囲をきちんと整理しみにつけることができたらあなたの英語表現はまったく局面が異なることになる。これが「英語発想に身を置く」ということにほかならない。

●実際に使える語彙力を増すHolistic Approachとは

先にも述べたが、ネイティブの子供たちは幼い頃からことばをフレーズとして蓄えていく。一方私たちは彼らと同じ体験をすることは不可能だ。
Holistic Approachは、これは部分部分ではなく全体的にとらえるアプローチのことだ。この教材はそれに基づいて製作されているが、これは日本語の発想からではなく、例えば、「getするものは何か」とget something, get someoneのフレーズをできるだけ多く登場させている。
これによって、
日本語の発想からではなく、英語の発想で「よく働く動詞」の守備範囲と応用範囲をしっかりと身につけることができる
「ことば」の学習というものは、なるべく多くの用例を体験し、それによって自分なりのイメージを作り上げる作業が大切なのだ
「何かをゲット」の発想ではなく、get somethingの発想を身につけるといつの間にか、日本語が消え、知らず知らずの間に英語の発想を身につけている自分を発見することができるだろう。