[VC感覚] be+名詞 (1)
 

【POINT】

ここでは、be動詞が補語(補って説明する語)に名詞を導いた表現をあげている。
基本的には、「〜は〜ナニだ」といった意味となるが、(1)のように「私のお客さんであれ」が「どうぞご遠慮なく」と訳す場合がある。

<<be動詞+(a,an)+形容詞+名詞>>のパターン

(1)
Be my guest!
どうぞご遠慮なく

(2)
She is a rather good-looking girl.
彼女はかなり器量よしの娘だ
* ratherは「かなり」の意味、副詞。

(3)
He is a nice guy at heart.
彼は根はいいやつだ
* at heartは、「心では」「根は」の意味。

(4)
She is not my type.
彼女は私の好みではない

(5)
She is only a child.
彼女は子どもに過ぎない

(6)
He's quite a fellow.
彼はなかなかのやつだ
* quiteは、「並はずれた、たいした」の意味。quite a 〜と語順に注意。

(7)
She is a very forward young lady.
彼女はとてもずうずうしい若い女性だ
* forwardは、元々「前方」を表す方位語。「前方にいる」から「ずうずうしい」という意味に。

(8)
Another step, and you're a dead man!
もう一歩動いたら命はないぞ!

(9)
She is a good neighbor.
彼女は近所づき合いのよい人だ

(10)
What a mess you are!
何てだらしないなりをしているんだ
*感嘆文。You are a mess.「あなたは、ふしだらな人だ」messは「混乱」の意味。

(11)
She is a single girl.
彼女は独身の若い女性だ

(12)
He is the average Japanese male.
平均的日本人男性だ
* maleの反意語はfemale「女性」。

(13)
He is a clever person.
彼は賢い人です

(14)
She's a together person.
彼女はよくできた人だ

(15)
He is a very important person.
非常に重要な人物 だ
* VIPのこと。a very important person

(16)
She's the most.
彼女こそ最高だ
* the mostの後に、person,woman,girlなどが省略されている。最上級。

(17)
He and I are the same age.
彼と私は同い年です
* He and Iはamではなく、areで受ける。

(18)
He's a bad sort.
彼は悪いやつだ
* sortは口語で、「〜の人、もの」の意味。He is a good sort.「彼はいいやつだ」

(19)
She was a beauty in her day.
彼女は若いころは美人だった
* in one's day 「若い頃」の意味。

(20)
I will be your daughter.
私はあなたの娘になります

(21)
Don't be a fool!
ばかなことをするな[言うな]!

(22)
He is a hard man.
彼は厳しい男だ

(23)
She is a very education-minded mother.
彼女は大変な教育ママだ

(24)
She is a widow.
彼女は未亡人だ

(25)
He is such a shameless egoist.
彼は実に恥知らずのエゴイストだ
* suchは、「あれほど[これほど]の、あんな[そんな]に、このように、非常に、とても」の意味。語順はsuch a 〜となる。

(26)
Is he anybody?
彼は名のある人か?
* anybodyは、「多少重きを置かれる人、ひとかどの人間」の意味。

(27)
He is a diehard.
彼は頑固な保守主義者だ

CLOSE