[VC感覚]  be (going) to+原形動詞フレーズ
 

【POINT】

be動詞+(going)+to+原形動詞フレーズのファンクションフレーズ。
be動詞は「存在」を表し、to+原形動詞フレーズで、「これからするべき行為や状態」を表す。
例えば、(1)では、「誰が、これからコーヒー代を払う存在か」ということになる。
(6)以下では、be going to+原形動詞フレーズとなり、「〜しそうになる、〜するつもりだ、〜する予定だ」といった意味となる。主語が人の場合と人以外の場後では意味が異なることに注意してください。

(1)
Who is to pay for the coffee?
誰がコーヒー代を払うのか?
*「誰が(これから)to以下の行為を行う存在か?」という意味。

(2)
You are to report for work at 8.30 a.m.
午前8時半に出勤されたい

(3)
You're to blame.
君が悪いのだ

(4)
Our team is to play a match against theirs.
私たちのチームは彼らのチームと試合をすることになっている

(5)
You are to pay your debt.
あなたは借金を払うべきです
  

(6)
My heart is going to break with love.
私の心は恋で張り裂けそうです

(7)
The tournament is going to begin on Friday.
そのトーナメントは金曜日に始まる予定だ

(8)
He's going to die.
彼は死にそうだ

(9)
I am going to do it tomorrow morning.
私はそれを明日の朝やるつもりです

(10)
I'm going to get off at the next stop.
私は次の停留所で降ります

(11)
We were going to go shopping.
私たちは買い物に行くつもりでした

(12)
She is going to have a baby in January.
彼女は一月に赤ちゃんが生まれる

(13)
He's going to have an accident.
彼は事故を起こしそうです

(14)
It is going to rain.
雨が降りそうです

(15)
I'm going to take it easy.
気楽にやるつもりです

(16)
What are you going to do, then?
じゃ, あなたはどうしようというのか?

(17)
We are going to get to Hakata Station in two minutes.
あと2分で博多駅に到着いたします

(18)
I'm going to sneeze.
くしゃみが出そうだ

(19)
The economy is going to pick up.
景気が好転している

CLOSE